試す価値あり! 乾燥肌におすすめのオールインワンジェルの使い方

乾燥肌に効果があるオールインワンジェルを使っているはずなのに効果がいまいち…。

正しくオールインワンジェルを使っているはずなのに効果を感じられないと悩んでいる方いませんか?

私もその1人でした。

正しく使っているはずなのに乾燥が改善されず…。

そこで私が気づいたのが、メーカーが紹介する使用料や使い方が、必ずしも自分の肌に合うわけではないということ。

肌質は人それぞれ違うし、季節によっても変わるもの。

オールインワンジェル本来の力を発揮させるには自分の肌質に合った使い方でケアすることが大切です。

そこで、正しい使い方はきちんと頭に入れておいたうえで、私の肌が潤いを取り戻した「乾燥肌におすすめのオールインワンジェルの使い方」を紹介していきたいと思います!

これを読んで、1人でも多くカサカサ乾燥肌から脱出できる手助けになれば幸いです。

乾燥から肌を守るオールインワンジェルの使い方

私はこれまで乾燥肌に効果的な使い方をネットなどの情報を頼りに色々試してみました。

その中でも

  • 他の化粧品と併用して使う
  • お風呂上がり直後に塗る
  • 朝夜でオールインワンジェルを使い分ける

この3つの使い方は、乾燥肌の私でも特に効果があったので詳しくご紹介していきたいと思います。

オールインワンジェルと併用して欲しいのはズバリ化粧水!

正しい使用量で使っていても、その日の気温や体調などで肌の調子は毎日変化するもの。

オールインワンジェルだけでは潤いが足りないと感じる日もあると思います。

そんな時は、化粧水と併用する方法をおすすめします。

オールインワンジェルを使った後にクリームを重ね付けする方法もありますが、きちんと肌に潤いを与えたいのであれば水分量を増やすのが1番!

オールインワンジェルを使う前にたっぷり化粧水で肌を潤してからオールインワンジェルで蓋をするというイメージで使ってみて下さい。

また、保湿が足りない場合にオールインワンジェルの重ね塗りという方法もありますが、個人的にはおすすめではありません。

乾燥するからとオールインワンジェルを重ね塗らしても、潤い成分が浸透する前にジェルの成分が肌表面に蓋をしてしまうので、きちんと肌の奥に潤い成分が届かない場合が多いのです。

ちなみに、化粧水はドラックストアなどで手に入る化粧水で十分!(価格もお手軽で肌にスーと馴染みやすいハトムギ化粧水とアベンヌウォーターがおすすめ)

私はこれでもか!というくらいバシャバシャ化粧水を付けた後にオールインワンジェルを使っています。

お風呂上がりのスキンケアはスピードが命!

オールインワンジェルの効果を最大限に発揮させるには、肌に塗るタイミングが重要!

特に重要なのが「お風呂上がり」といわれています。

お風呂上りは、浴室内の蒸気により肌の水分量が増えているため油断しがちですが、入浴後は入浴前より水分が不足し肌が敏感になっていいるので注意が必要です。

保湿ケアをするタイミングは湯船をでてから10分後まで!

私は乾燥を少しでも防ぐために浴室の中で化粧水を塗って、脱衣所ですぐにオールインワンジェルを塗っています。

それくらいお風呂上りのスキンケアはスピードが命!

お風呂を出たら、なるべく早くケアしてあげることが大切です。

また、パックができるオールインワンジェルであれば入浴中が大チャンス!
肌の毛穴が開き、美容成分も浸透しやすい状態なので週1くらいのペースでパックするといいでしょう。

朝晩でオールインワンジェルの使い方を変える!

朝は、メイクをするのでサラッとしたテクスチャーのもの。

夜は、保湿力が高いもの。

と、「朝晩のオールインワンジェルの使い方を変えましょう」と紹介されているサイトも多いですよね。

朝と晩で使い分けることで、肌質もグンと良くなるのは事実。

夜であればお風呂上りにすぐに、化粧水とオールインワンジェルを使いながら、その日の肌の状態に合わせてゆっくりケアをすればOK!

ですが、朝に関してはメイクとの兼ね合いもあるので難しいですよね。

「朝は、サラッとしたテクスチャーのもの」とありますが、これってアバウトすぎてわからないと思いませんか?

メイクが崩れてしまうからテクスチャーが軽いものがいいのかなとは思っている。

でも実際、どうやってケアしてあげればいいかわからずなんとなく使っている方も多いと思います。

せっかく、自分の肌質に合わせて選んだのにきちんと活用できていないのはもったいない!

そこで、朝のメイク時にオールインワンジェルの使い方を(私流ですが)紹介していきたいと思います!

メイク前の潤い肌を作るオールインワンジェルの使い方

メイク前の土台となる肌作りはとても重要です。

きちんと潤った肌に作りあげることで、その日のメイクの仕上がりはガラリと変わります。

まず、肌のすみずみまで水分を行き渡させられるかが勝負!

そこで必須となるのがオールインワンジェルと化粧水です。

乾燥肌の私が色々使ってきたオールインワンジェル中で、ピッタリ相性が合ったのが1日潤いをキープすることができた「メディプラスゲル」

 

では、私が実際「メディプラス」を使って、誰でも簡単にできる潤った肌を作る方法を紹介していきましょう!

化粧水をたっぷり使う

まずは水分をたっぷり肌に与えます。普通の化粧水でもいいのですが、朝時間がない私はスプレータイプの化粧水を使っています。「これでもか!」というくらい、ヒタヒタ、ビショビショに与えてあげるのがポイントです。化粧水を与える目安は、肌がヒンヤリしてきたら。肌に潤い成分が浸透していくと体の部分と同じくらいの温度であった肌の温度が、化粧水の浸透によって段々と下がってくるので潤ったというサインとなるのです。ここできちんと肌に水分を与えてあげることで乾燥を防ぐだけではなく、肌のキメを整え透明感のある肌に仕上げることができるのです。

オールインワンジェルで仕上げる

たっぷり肌に潤いを行き渡せられたら、メディプラスを3プッシュ(乾燥が気になるときは4~5プッシュ)肌に塗っていきます。少し時間があるときは、2分間くらいマッサージしながら塗ってあげてもおすすめ。鎖骨の上部分を左右にこするだけでもリンパの流れが良くなり、顔のむくみがとれるので是非試してみてください!

これで、メイク前の土台となるしっとりとした潤った肌の完成です。

忙しい朝でも簡単にできるので是非試してみてください。

メイクの仕上がりに違いを感じてもらえるはずです!

私がおすすめするもう1つのオールインワンジェル使い方

下地やコンシーラー、ファンデーションと重ねていくと厚みが出て「素肌感」がなくなってしまいますよね。

また、厚塗りメイクになってしまうと、メイク崩れの原因にもなってしまいます。

そこで私がおすすめしたいのが、下地効果があるBBクリームとオールインワンジェルを混ぜて使うこと。

下地効果があるBBクリームとオールインワンジェルを使えば厚塗りメイクすることなくメイクすることができるんです。

また、ほとんどのBBクリームにはUVケアができる成分が配合されているので色々重ねてく必要はなくなります。

使い方もすごく簡単!

メディプラスを使っている私の場合、BBクリームをマーブルチョコレートくらいとその半分のメディプラスゲルを混ぜて顔全体に伸ばしていきます。

ポイントは顔の中央から外側に向かって塗っていくこと。

まずは全体に塗っていき、必要な部分だけ薄めていないBBクリームを塗っていきます。

塗るといっても、ベタベタ塗り込むのではなく、優しく肌を叩くように塗っていきましょう。

これで、素肌感を残した肌が完成!

私は、厚塗りメイクをしなくて済むようになったもの嬉しいのですが、BBクリーム1本で使っていた時より日中の乾燥も気にならなくなったのを実感しています。

BBクリーム使ってる、持ってるという人は是非1度試してみてください!

美白、ニキビ…トラブル肌におすすめのオールインワンジェルの使い方は?

乾燥に効果的な使い方もあるから、シミやくすみ、ニキビもに効果的な使い方はないの?

と思いますよね。

肌のトラブルは、乾燥が原因のケースが多いのはご存じでしたか?

くすみもニキビも、それぞれの原因は異なりそうですが、肌の水分量が減り、肌表面がカサカサでキメが整っていないと、肌がくすみ、ニキビなどの肌荒れの原因となってしまうことが多いのです。

保湿ケアの重要性はこちらにでも紹介しているのでご覧ください。
「美白ケアには保湿力が高いオールインワンジェルが良い理由」

つまり乾燥を防ぐことが、美白やニキビを改善する第一歩となるのです。

オールインワンジェルの効果的な使い方は自分で見つけられる!

どんなに乾燥に効果的なオールインワンジェルを選んで使っていても自分に合った使い方ができていなければ意味がありません。

でも、こればっかりは、色々試してみなくてはわからないのが現状。

乾燥肌に効果的である使い方の情報を集め、徹底的に色々試してみるのも1つの手です。

乾燥肌だった私がおすすめする使い方もその一例にしか過ぎませんが、「自分にあった使い方」の近道だと思って是非試してみてください。

あらゆるトラブルの原因にもなりうる乾燥肌は、悪化する前に手をうつことが本当に大切です!